he is watching laptop

どこにお金がかかるのか

smartphone

映像制作を依頼すると見積もりを出してくれるものですが、そこにはさまざまな項目があります。しかし、それらがどういった意味を持っているのか分かりません。それでは、映像制作においてどういった部分に費用が発生するのでしょうか。まず、企画を立てる段階で発生する費用だけで、プロデュース費、ディレクション費、企画構成費がかかります。プロデュース費とは映像制作全体の士気をする費用で、ディレクション費とは映像の演出や制作進行を行う費用です。そして、映像を制作するには企画構成費が発生しますが、こちらでは映像の台本を作成します。そして、映像内にナレーションやテキストを入れるのであれば、企画構成を担当するスタッフが行います。

映像制作をするのであれば何よりも撮影をしなければなりませんが、撮影スタッフ費用もかかります。本格的な撮影をするのであればディレクター、カメラマン、照明、音声、アシスタントなどのスタッフが必要になりますが、撮影の規模によってスタッフが兼任をすることもあれば、追加でスタッフを用意することもあります。そして、撮影はスタジオで行われることがほとんどですので、ハウススタジオなどの費用が発生するのです。さらに、撮影にはスタッフだけでなくカメラや照明、音声機器などの機材費があり、それらを運ぶための車両費や駐車場代がかかります。また、映像には役者やナレーターを使う場合がありますが、そういった人件費もかかるのです。

ページのトップへ戻る