he is watching laptop

目的に合わせた映像が大事

an architect

理想的な映像とはどういった映像なのでしょうか。企画をしっかりと練って演出を作り上げ、デザインやBGM、ナレーションなどをバランス良く入れることで映像のクオリティーはアップします。さらに、現在はCGなどを使用することで派手な演出をすることはいくらでも可能です。しかし、ハイクオリティーな映像を提供することがベストな方法なのでしょうか。何より大切なことは動画の目的を考えることです。自社の商品やサービスのプロモーションとして使用するのであれば、それらを伝えることが大切でしょう。派手な演出を取り入れた映像ですと、そちらに目が奪われて商品やサービスが印象に残らなくなってしまいます。そういった部分を考えて映像制作をしましょう。

映像制作とは多くの方にとって未知の世界でしょう。そのため、誰もが自分の求める映像のゴールがボンヤリとしているものです。しかし、そういった方だったとしても映像制作会社に依頼をすることで、満足出来る映像を作ることが出来ます。映像制作をするのであれば制作会社からのヒアリングがありますが、そこで伝いたい動画のコンセプトを説明しましょう。そして、情報量を増やしすぎると逆に伝わらなくなってしまい、最も大切な部分が薄まることもあるのです。そのため、制作会社はクライアントの意見に対して的確な提案が出来ることが大切でしょう。そして、長すぎる映像はそれだけでスルーされることもあります。そういった部分を含めて提案力のある制作会社がベストでしょう。

ページのトップへ戻る