he is watching laptop

様々な工程がある

man driving and use phone

映像制作の経験の無い方にとって映像制作にどういったイメージを持っているでしょうか。中には「撮影だけで終わる」と考える方もいることでしょう。しかし、撮影に至るまでに企画や校正、コンセプトなどを考えなければならないのです。これによってどういった動画が作られるのかが決まります。そして、いざ撮影が始まったからといって、一発で成功するとは限りません。NGが出たら撮り直しをする必要があるのです。また、撮影が終了したら編集が始まりますが、動画の目的によってはナレーションやCG、エフェクトを入れる必要があります。さらに、どういった加工をするかによって料金は変化するのです。そのため、事前にどれだけの予算が組めるのか決めておきましょう。

映像制作においてどういった編集をするかによって料金は変化します。そのため、映像制作会社は基本料金を提示してくれますが、自分の求める編集をしてもらうことでどの程度の追加料金になるかを確認しておきましょう。中にはすべての工程が料金に含まれていることもありますが、場合によっては本当に基本的なプランだけの場合もあるのです。そのため、基本プランだった場合は自分の求める映像の内容を伝え、どういった工程が必要で、どれほどの予算になるのかを知っておきましょう。そして、制作会社からは必ず内訳を出してもらいましょう。これに納得出来る料金でしたら実際に依頼をしてください。さらに、映像に修正が発生すると修正費用もかかります。

ページのトップへ戻る