料理

和食の真髄

近年、食の欧米化が進んで、日本食主義の人がいれば、洋食や中華が食生活の中心となる人もいます。和食を調理するときは、煮込み時間など時間をかけて行うことが多いです。その分、低カロリーで腹持ちが良く、栄養的にも優れています。

この記事を読む

和食の基本的な手法

焼きの技術が優れているお店を選ぶことで満足度は高まります!浜松でうなぎを食べたいなら、熟練の職人が焼いてくれるこちらがおすすめ!

水を基本にした食べ物が物語ります。

和食の基本は、簡単に説明するとどうなるかを説明すると、米(穀類)・野菜・魚が多くの場合料理の基本素材として利用されいて、お寿司および刺身、天ぷら、蕎麦などの和食料理はよく知られるとともに各種和食料理店は女子会にも最適で、ミシュランにおける評価も高いのです。そして何より、素材を最大限に生かすために料理人が一番気を使っているものが水なのです。昔は、かなり深いところまで掘り出した地下水を利用してきましたが、今は、天然水(例えば長野の山水等)を利用することで素材の良さを最大限に引き出すのです。さらにこの水と各種基本素材を生かして、炊く、煮る、焼く、揚げるに利用する和食ならではの調味料(醤油・みりん・お酒・だし汁)がさらに素材を引き立てるのです。これらの調味料も美味しい水からできているのが基本なのです。

創作料理における和食の在り方について

この水を基本にした和食料理は、日本の高度成長期を通していくつもの西洋料理、中華料理、フレンチ等海外の料理から日本人の舌に合う食べ物として新しい日本料理(やはり和食)を生み出してきたのです。例を上げれば、ひとつはオムライスやラーメンが代表例になります。これらは今の日本人からすると和食そのものに感じとられていますが、海外でもこれらの料理が日本食として知られることが多いのです。他にもイタリヤ料理を基本とするが、スパゲティ・ナポリタン等も同じように日本食なのです。これからも、海外の料理を日本食で丸めるような創作料理が新しい日本食(和食)を生んでいくものと言えます。美味しさの基本を忘れない限り、おいしい和食は発展し続けるのです。現在、流行に敏感な若い女性を中心に、和食の魅力は再認識されている傾向にあります。女子会でも和食料理店を利用するグループが大勢いるのです。

税による和食の高級化

和食は素材の味を活かして、少ない油量の料理を仕上げます。近年、税率が上昇して和食に必要な食材の価格高騰の傾向にあります。それでも昔から多くの人に愛されてきた和食を続けることによって、健康維持に努められます。

この記事を読む

世界に誇る和食

和食は世界に誇る食文化の一つです。繊細な技術によって素材本来の味を引き出すことを主とします。近年になって、和食は高級な料理となり、形態も変化しています。海外に広まった和食も、作り手によって逆輸入してきた和食も存在します。

この記事を読む